ふぉとないず!

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 【ソシャゲ】遊戯王デュエルリンクス > ステージ60!

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.04.09 Sun ステージ60!

dl_stage60.png

どうにかこうにか、ステージ60まで到達しました!
これからは、カード集めとレベル上げを……

以下、ステージ59のミッションを実際にはこんな感じで突破した的なメモをまとめてみました。

・「孔雀舞」を使って、「城之内克也」のレベル40とのデュエルで、3回逆転勝利する
 →普段使っているオート用デッキ(攻撃力1800,1700あたりのモンスター+使いやすい魔法罠+ブルーアイズとパーシアスとクリボール)を使用。
  ミラーウォールのライフコストを使ったり、わざと攻撃を受けたり(場合によってはミラーウォールで軽減)して逆転勝利に。
  時の魔術師は事故、仕方がない。

・「城之内克也」を使って、「孔雀舞」のレベル40とのデュエルで、3回速攻勝利する
 →カラテマンワンキルで運ゲー。
  スリカエがないので代わりに戦力補充を使用。
  クリボールとかのないデッキでよかった……

・「インセクター羽蛾」を使って、「ダイナソー竜崎」のレベル40とのデュエルで、ノーダメージで3回勝利する
 →効果ダメージ+防御特化デッキ。フライング寄生使用。
  主にパラサイドと呪魂の仮面でダメージを与えつつ、クリボール、ミラーウォール、ワンダーバルーンなどで防御。
  効果破壊も貫通効果もないためけっこう楽でした。

・「ダイナソー竜崎」を使って、「インセクター羽蛾」のレベル40とのデュエルで、LP1000以下で3回勝利する
 →普段と同じ恐竜デッキを使用。
  ミラーウォール、クリボールで調節しながら攻撃を受けてライフを減らし、1000以下になったら攻撃に転じて勝利。
  フリッグのリンゴは抜いたほうがよかったかも。

・「真崎杏子」を使って、「梶木漁太」のレベル40とのデュエルで、自分のデッキの残りカード3枚以下で3回勝利する
 →オート周回デッキで3枚以下まで耐えて勝利。
  デュエルスタンバイを使ったりドロー系のカードを多めに入れておくとより早く終わる。

・「闇遊戯」を使って、「海馬瀬人」のレベル40とのデュエルで、1度の効果発動で2000の効果ダメージを与える
 →ライカンスロープの効果を使用→本来2000の効果ダメージを与えるには墓地に10体の通常モンスターが必要なところを5体と勘違いしていたことに気づき、断念。
  海馬社長相手に通常モンスターを10体墓地に用意するのはだいぶ辛い(異次元の戦士によって除外されることもあるため余計に)

  カタパルトタートル作戦(青眼の究極竜をトライスの効果で攻撃力4000に減らして射出)に変更したところ、3回目で成功。
  必要なカードが多いため(青眼の究極竜の素材3枚+融合+カタパルトタートル+アドバンス召喚の素材+トライス+トライス装備時のコスト)フリッグのリンゴとディスティニードローを活用してどうにかといったところでした。
  もっと楽な方法もありそう。

・「海馬瀬人」を使って、「闇遊戯」のレベル40とのデュエルで、1度の攻撃で5000の戦闘ダメージを与える
 →青眼の究極竜にグラールとか黒いペンダントを装備させて攻撃力5000にして殴る。

・「アポビスの化神」を1デュエル内で3回使用する
 →カードトレーダーで二枚目のアポビスを入手→無欲な壺で使いまわし。
  三枚入れるともっと楽とはいえ、UR宝玉が必要なため他に使う予定がなければ二枚で十分ではないかと。
  一枚はかなり辛いものの、ディスティニードローなどを使えばなんとかなりそう?

・「生贄の抱く爆弾」を1デュエル内で2回使用する
 →イシズさんから二枚目の生贄の抱く爆弾をドロップで入手。
  ……するつもりだったものの、先にグレートモスを求めて周回したらすっかり疲れてしまったため、一枚を使いまわすことに。
  無欲な壺三積みで、相手は杏子ちゃん、運よく一度で成功。

・「究極完全態・グレート・モス」を1回召喚する
 →入手までが一番大変だった気が……
  ケルベロスデッキで周回してようやく入手。
  入手後は、対戦相手の指定はないためレベル10のレジェンド相手にワンダーバルーンで割と簡単に召喚成功。
  デッキ切れが怖いため、ディスティニードロー、無欲な壺などがあればより楽に。
  (無欲な壺は、状況によっては相手のカードもデッキに戻して相手のデッキ切れも防ぐ)

初めに見たときはうわぁとなったステージ59のミッションでしたが、いざやってみると一つ一つは案外なんとかなるものでした。
おそらく究極完全態グレートモスを入手するまでが一番長かったような………
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。