ふぉとないず!

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 【ソシャゲ】遊戯王デュエルリンクス > 本気の城之内再び!

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.07.12 Wed 本気の城之内再び!

本気の城之内が出現するイベントが再び、ということで早速何度か挑んで来ました。
報酬の追加やミッションの追加が行われた他、デッキの内容もデッキ名は同じですが若干変わっているようです。
デッキ内容については以下にまとめてみました。
(Lv.40についてはまだ遭遇していないため、あとで書きます)



 真のデュエリスト魂/Lv.30

  モンスター:真紅眼の黒竜、黒竜の雛2、青竜の召喚士3、ポケ・ドラ3、エレメント・ドラゴン3
  魔法:スタンピング・クラッシュ2、生け贄人形、火竜の火炎弾2
  罠:ダメージ・ゲート3



まずLv.30はカードの種類が減って前よりもシンプルなデッキになった印象。
スピリット・ドラゴンが抜かれた他、罠4種が全てダメージ・ゲートに置き換えられ、レッドアイズ成分が減ったりエレメントドラゴンが増えたりしています。

そして何より厄介なのが、火竜の火炎弾が2枚に増えたこと、です。
幸いにも罠がダメージゲートのみとなったためトラップジャマーを抜くことができますが、前回と同じ薄幸ロックデッキでは安定感が下がりそうです………

というわけで、薄幸ロックとは違うデッキを新たに考えてみました。



 本気の城之内Lv.30対策デッキ

  モンスター:聖獣セルケト、水晶の占い師2、軍隊ピラニア、封印師 メイセイ3、陰陽師 タオ3
  魔法:ワンダー・ワンド3、二重召喚、王家の神殿、馬の骨の対価3、受け継がれる力、財宝への隠し通路
  罠:なし
  エクストラ:青眼の究極竜
  スキル:迷宮作成



火竜の火炎弾にはバーン効果もあるためLP500でスタートの合体魔神招来は火炎弾を受けたら即死なわけですが、迷宮作成でラビリンスウォールを作ったら火炎弾で破壊されることも戦闘破壊されることもないうえLPを自分で削る必要もないのでは、ということに気づいて組んでみました。
……すさまじく安定します。と言いますか、操作ミス以外で失敗する可能性がほぼないです。

一ターン目に迷宮作成を発動して手札2枚をデッキに戻してラビリンスウォールをデッキ外から特殊召喚するのですが、ラビリンスウォールが破壊される要素がないため最後のターンまで壁になってくれます。
初期手札は2枚にまで減りますが、デッキに戻す2枚は自分で選べることもあって合体魔神招来よりも安定します。

水晶の占い師、ワンダーワンド、馬の骨の対価などでドローして、デッキの残りが0になったら王家の神殿を発動、二重召喚でセルケトとピラニアを召喚し、青眼の究極竜を特殊召喚、隠し通路と受け継がれる力とピラニアで攻撃力1万超えのダイレクトアタックといういつもの流れです。
スコアはノーダメージを含めて6500(加工カードボーナスは含まない)でした。
ギミックを増やせばもう少し伸ばせるのではないかと。

注意点は最後のターンまで王家の神殿を発動しない・魔法罠をセットしないこと、です。
スタンピング・クラッシュで破壊されてしまいます……強欲な欠片を入れていないのも一応このあたりの対策です。
あと、メイセイとタオはワンダーワンドと馬の骨の対価のコストですのでレベル4以下の魔法使い族通常モンスターであればなんでもいいです。

欠点はスキルがドロップスキルのため作成難度がやや高めなこと………ですが、作れるとほぼ確定でハイスコアが取れるんじゃないかと思いますので、スキルを取りに行ってもいいのではと思います。
合体魔神招来でレジェンドデュエリストの周回も安定しますし。

ところで、本気の城之内とのデュエルも城之内とのデュエルとしてきちんとカウントされるので、わざわざゲートに行かなくてもウィークリーミッションをこなせるのが何気に嬉しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。